Mario Frangoulis : マリオ・フラングーリス

Biography

ギリシャが生んだ新世代テノール、マリオ・フラングーリス(Mario Frangouli)。世紀の名歌手アルフレード・クラウスの弟子として声楽を学び、また本場ロンドンのミュージカルのステージで人気を博した経歴をも持つ本格派エンターテイナーとして世界で話題沸騰中。

Mario Frangoulis : マリオ・フラングーリスの経歴と活躍

マリオは1967年生まれ。6歳よりアテネでヴァイオリンを学び、17歳の時ロンドンの名門ギルドホールに入学し演技を学んだ。ロンドンのウエストエンドで「オペラ座の怪人」「レ・ミゼラブル」等に出演し、大評判となる。マリオの才能に注目したマリリン・ホーンの紹介で、往年の名歌手=アルフレード・クラウスに師事し声楽の基礎を学ぶ。92年渡米し、ジュリアード音楽院に入学。93年にはパヴァロッティ・コンクールで見事優勝する。

 ・ Spotify : Mario Frangoulis : マリオ・フラングーリス

98年ソニー・クラシカル・ギリシャよりアルバムを2枚リリースしており、いずれもダブル・プラチナ、ゴールド・アルバムを記録、国民的スターなのである。いよいよインターナショナル・デビュー盤を2002年9月アメリカでリリース。全米クラシカル・クロスオーヴァー・チャートで最高位3位を記録!その後イギリス、ドイツ、イタリア、スペイン、フランス、ギリシャ、フィンランド、オーストラリア、台湾等でリリースされ各国のチャートをにぎわせた!